不倫食堂1巻 (漫画:山口譲司)

 あらすじ&サンプル画像

 

 

【不倫食堂】とは

 

「ごちそうさま」をしたはずなのに「いただきます」をしてしまうこと

 

 

山寺隆一(35歳)都内の企業に勤めるごくごく普通の営業マン

 

浜松での打ち合わせを夕方6時に終え

 

「営業先の部長に誘われて遅くなる」と愛する家族に電話(妻と娘)

 

ところがそれは真っ赤なウソ、

 

タクシーに乗るや一人で飲み屋街へ……

 

 

目的は「どうまん蟹」

 

高知ではエガニ、沖縄ではマングローブガニと呼ばれる蟹で、

 

浜松湖でも獲れるけど、

 

とにか漁獲量が少なく市場に出回ることがほとんどない幻の蟹……

 

 

あちこち回るもののどこも売り切れ、もしくは要予約

 

最後は飲み屋でグチる隆一に、

 

女将が漁から帰ってくる旦那のために用意していた一杯(どうまん蟹)

 

「お客さん見てたらどうしても食べさせてあげたくなっちゃった」

 

蟹のカラだけでなく、彼女の服まで剥きとり「いただきます……」

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ01

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ01

 

「第1話 蟹のカーニバル」より

 

 

 

【不倫食堂】とは

 

余裕を持って食事していたはずなのに、気づいたら終電を気にしていること

 

 

青森モリモリフーズで企画会議をする山寺

 

しかし頭の中は直前に小耳にはさんだ「津軽そば」のことでいっぱい

 

それでも仕事はそつなくこなすのがデキる大人

 

首尾よく会議を終わらせ「東京に戻る時間は十分にある」

 

話題の津軽庵へ……

 

 

そんな彼に声をかけたのはモリモリフーズの西脇さん(26歳・人妻)

 

「私もちょうどそちらに行く所だったのでご一緒しましょう」

 

青森庵のとなりにある病院に主人のお見舞いに行くとのこと……

 

 

「挽きたて・打ちたて・茹でたての真逆をいくのが津軽そば。

 

煮置きと呼ばれる、そばを茹でて一度冷やすというのが特徴で…」

 

ウンチクを語る山寺

 

「山寺さんの話聞いてたら私もお腹すいちゃった」

 

食事までつきあう彼女

 

盛りそばをすするその唇が妙に色っぽく、家族そっちのけでラブホ……

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ03

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ04

 

「第2話 あなたのソバに」より

 

 

 

全国を飛び回る山寺、今日は鳥取駅前で打ち合わせ

 

それが終わればその日のうちに新幹線で東京へ

 

待ち時間に「うまいラーメン屋とかご存知ないですか?」

 

打ち合わせ相手の加藤さん「山陰チャンポンどうですか……」

 

 

2人の前をたまたま通りかかったのは、加藤の妻・佳那さん

 

娘のセーターの毛糸を買いにきたとか

 

とつじょ急用ができた旦那に代わり、山寺をご案内……

 

 

山陰チャンポンの名店・角豊へ

 

「私もおなか空いちゃった」と同席する彼女

 

食べる前に麺と餡をよく絡ませ合うのが儀式とのこと

 

家庭的で非の打ちどころのないその味に、

 

酢をちょい足しすることで刺激ある旨みを、不倫というスパイスも……

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ05

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ06

 

「第3話 お母ちゃんぽん」より

 

 

 

性格は明るく仕事は真面目

 

家族を愛し飲馬投銭(心が清く行いが正しいこと)をモットーに、

 

今日を生きる山寺隆一……(ツッコミ待ちです)

 

 

今日は秋田、大館駅前でうまいもの探し……

 

そこで偶然出会ったのは中学の同級生で同じ剣道部だった馬場園洋子

 

20年ぶりの再会……

 

 

結婚して姓は「相馬」に変わり、男の子2人の母親になっていた彼女

 

再会を祝して美味いものを「馬肉らーめん」を食べにゆくことに

 

「当店、馬肉しか使っておりません」という本格派

 

噛めば噛むほど味がでる、

 

今まで食べたことのない旨みに夢中になって麺をすする山寺

 

上品に、それでいて色気たっぷりに食べる洋子

 

その後の流れはいつもどおり、

 

彼女のとろけるようなカラダを「いただきます……」

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ07

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ08

 

「第4話 ウマすぎてパクッ」より

 

 

 

佐賀・唐津にてプレゼンテーション

 

今回のお相手・新堀海香は仕事においては妥協なし、

 

陰で鉄面皮とささやかれるお堅い女主任

 

その首をタテに振らせるためにホテルで企画を練り直す山寺……

 

 

13時からの本会議に備え、呼子の朝市で英気を養うことに

 

しかしそこでたまたま見かけたのは、宿敵・新堀さん

 

「彼女の目利きに間違いはなかろう」と同じ店へ、同じイカ定食を注文……

 

 

同イカが喉にひっかかり、

 

無事通過するやにっこり笑顔を見せる彼女と目がバッチリ

 

普段は決して見せないであろう姿を見られ赤面する新堀さん……

 

 

彼女の自宅に誘われ、

 

今度はスペルマを「ごっくん」させる山寺

 

ついでに前日揉めたプレゼンも「ごっくん」させのであった……

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ09

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ10

 

「第5話 よろしイカ?」より

 

 

 

デキるビジネスマン・山寺隆一、今日は琵琶湖畔・長浜に出張中

 

すぐさま仕事を終え、地元名物・焼鯖素麺の店に並ぶ……

 

 

そこで見かけたのは母親とはぐれてひとり泣き叫ぶ男の子

 

見て見ぬフリをするつもりがついつい世話を焼いてしまうお人好し……

 

 

男の子を警察に届け、急ぎ戻ってくるも鯖素麺は売り切れ御免

 

そこに、男の子の母親がお礼に現われる

 

「2人よりも3人のほうが楽しいよって」と夕食におよばれ……

 

 

出てきたのは念願の鯖素麺

 

鯖の煮汁が染込んだソーメンが絶品、

 

鯖の骨はそのまま食べられるほど柔らかく、

 

それでいて身はしっかりと歯応えがあり、鯖そのものが味わえる……

 

 

男の子が寝着くや、

 

すぐ隣の寝室でサバ折り(相撲技)のごとく彼女を抱きしめて……

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ11

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ12

 

「第6話 琵琶湖のほとりでサバイバル」より

 

 

 

金沢、取引先のイメキャラのコンペにゲスト審査員として呼ばれた山寺

 

それっぽいキャラクターが並ぶ中、

 

山寺が目をつけたのはエントリーNo.4

 

地元名物ガスエビを模した、

 

「ガズ蔵くん」いわゆるキモカワ系(実際はキモイだけだけど……)

 

 

コンペも無事終わり、取引先の人妻から食事お誘い

 

今回は珍しく「お気づいなく」と自制

 

目的のガスエビを食べにひとり居酒屋へ……

 

 

ところがその隣に座ったのはやたら美人なお姉さん

 

実は彼女、コンペに「ガズ蔵くん」の着ぐるみで参加していた、

 

ガスパル(取引先)の社員さん

 

主人が作った着ぐるみで参加したという

 

 

「いやぁ、僕はホントにいいと思いましたよ、ガズ蔵くん。

 

ブサイクな殻をむいてみたらこんな美人の人妻が出てきて、

 

これはもうパクッと食べずにはいられない」

 

ガスエビの殻をむきながら、ついつい本音が……

 

 

彼女も彼女で「慎ましやかな人妻だって、見かけだけじゃわかりませんよ」

 

最後はホテルでしっぽり

 

ギリギリ電車の時間には間に会う山寺だった……

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ13

 

不倫食堂1巻 エロとグルメのページ14

 

「第7話 ムイてムイてシュリンプ」より

 

……「不倫食堂2巻」を読む

 

 

 

山口譲司 不倫食堂1巻 表紙カバー

 

 

→【 不倫食堂1巻/詳細!

 

 

おすすめエロい漫画|おとな漫画アーカイブ (2018年)

おとな漫画アーカイブ

 

 

PAGE TOP↑ | TOP PAGE