不倫食堂2巻 (漫画:山口譲司)

 あらすじ&サンプル画像

 

 

福岡での出張帰り、取引先の受付嬢・松葉聖子から、

 

「山寺さんが東京に帰る前に、久留米ば案内しとけって言われたですけん」

 

「久留米と言えば焼き鳥かなァ」

 

舌なめずりする山寺

 

「こう見えても意外と肉食やけん、引かんといてくださいね」

 

かわいらしい彼女、おすすめの焼鳥屋へとご案内……

 

 

女子みたく串を抜いてハシで食べる見知らぬサラリーマンに、

 

「串を抜いたら肉汁が抜けてしまうけん、串は刺したままばい」と一喝

 

肉を前にするやアイドルみたいなキュートな笑顔が一転、

 

獣のように大口開いて肉を噛み切り咀嚼するその姿は、まさに肉食

 

 

ついでにアッチのほうも肉食系な松葉さん、

 

山寺のおっ立てたイチモツを見て「細か串」と……

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ01

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ02

 

「第8話 抜かずに食べてトリ乱す」より

 

 

 

今回は甲府、入社2年の若手ホープと教育をかねた出張中

 

さすがに部下の前で不倫はできない、落ち着いた態度の山寺……

 

 

「いい仕事した日は腹の減り方もひとしおっすね」

 

かつ丼屋を選んだ部下くん

 

「フワトロ卵のかつ丼」を食べたいと「かつ丼」を注文

 

ところが出てきたのはご飯の上にカツを乗せただけの丼

 

いわゆる「ソースかつ丼」

 

「フワトロ卵のかつ丼」=「煮かつ丼」を注文した山寺

 

がっかりする部下くんと交換してあげて、名物・甲州かつ丼をガッツリ

 

地元名産の甲州ワインを楽しみながら……

 

 

酔いつぶれた部下を介抱する山寺に声をかけたのは、

 

トラックの運ちゃんをしている女性。誘われるままトラックの寝台へ……

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ03

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ04

 

「第9話 誘惑に勝つ!!」より

 

 

 

石巻駅にて、小柄な女学生から声をかけられた山寺

 

いわゆるJKビジネス

 

断られるやいなや、他のおじさんに乗りかえて声かけ……

 

 

さすがに放っておけない山寺

 

とりあえず「お散歩コース(五千円)」に連れ出し昼食へ

 

「まずは麺だけ味わって、次にソースをかけて目玉焼きをくずし……」

 

石巻焼きそばの食べ方を解説しつつ、

 

「きまりごとを守るのはそれなりの理由がある」とお説教

 

(お前が言うかってツッコミたくなるけど……)

 

 

そこに「加南子、あんた何やってんの!?」と現われたのは親御さん

 

少女がお手洗いに行ってるスキに、

 

生徒手帳を調べて連絡を入れていた山寺

 

「ムカツクぅ」と罵倒されながら「大目玉くらっておいで」とお見送り

 

同じく彼女を連れ戻しにきた担任教師。これがまたマブい女先生で……

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ05

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ06

 

「第10話 後からっちゃ」より

 

 

 

まずは大阪でひと仕事、次いで広島に向かう山寺

 

ぶつぶつと広島名物に思いを馳せるこの男に、

 

「旦那さん、これから広島へ行きよんなら?」

 

気さくに声をかけてきたおばあちゃん

 

岡山名物「たこむす」を差し出しながら「う~ん」と苦しみはじめる

 

介抱にかけつけた和服美人とともに、

 

なぜか、山寺も岡山駅に降りて病院へ同伴することに……

 

 

芸者か何かと思ったら、救急救命士だった和服美人

 

山寺を付き合わせたことを詫びつつ、

 

今度は助けたおばあちゃんから「命の恩人」とお礼されることに……

 

 

小料理屋の女将をしているおばあちゃん

 

「幻の青ウナギ(児島湾でとれる身が緑がかったウナギ)」をドン

 

ウンチクを語りながらがっつく山寺に、

 

同じく大げさなノリで下鼓をうつ和服美人

 

彼女も山下とご同類、名物を食べ歩く食通だった……

 

青ウナギで精気満タンになった2人、向かう先はたたひとつ……(ラブホです)

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ07

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ08

 

「第11話 めくるめくぬるぬる」より

 

 

 

「山形へ行ったらどうしても食べておきたいものがある」

 

天童市に降り立った山寺

 

声をかけてきた外国人旅行者に見事な英語で道案内

 

それを見ていたナイスバディなパツキン美女から声をかけられ、

 

一緒に食事することに……

 

 

山寺がどうしても食べたかったもの、それは「鳥中華」

 

そばつゆとラーメンが融合したご当地グルメ

 

甘めの醤油ベースにかつお出汁、

 

鳥の風味が利いていてラーメンの麺とも相性がいい……

 

初めてのキンパツ美女と山寺のカラダの相性は……(細かったとか)

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ09

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ10

 

「第12話 トリップちゅうデスか!?」より

 

 

 

福島支社にて、庭戸課長(人妻)をサポートすることになった山寺

 

「また不倫してしまうのでは?」

 

不安を抱きつつ(俺は決して不倫など望んではいないとのこと……)

 

2人きりでのミーティング……

 

 

コンペは大成功、会津地鶏の店で打ち上げすることに

 

「地鶏というのは一般に流通している食肉用の1%と言われています」

 

得意気にウンチクを語りはじめた山寺に、本社から急な呼び出し……

 

 

いつものパターン(不倫)は避けられたものの地鶏はおあずけ

 

しかし乗り込んだタクシーの運ちゃんが、

 

「ごめんなさい、お腹空いちゃって我慢できなかったの」

 

焼き鳥(地鶏)をかじりつつ「お客さんも召し上がれ」と……

 

これがまた、かわいらしい女性ドライバーで……(もちろん彼女も召し上がる)

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ11

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ12

 

「第13話 とりあえず…」より

 

 

 

加古川名物・かつめし

 

カツカレーのように見えるけどカツは但馬牛の牛カツ、

 

ソースはデミグラスソースという和洋折衷の高級料理

 

残ったソースをキャベツですくい取り、舐めるように完食

 

しかし、どんなに美味くても「おかわり」はしないのがこの男の流儀……

 

 

腹八分目で寄り道、農家のおばちゃんが、

 

「肉巻きおにぎり」を食べているのを見て思わず近づくと、

 

すべって転んで牛フンの中へ……

 

 

親切にも、部屋にあげてワイシャツを洗濯してくれるおばちゃん

 

若干太めながら色っぽい顔立ちに豊満な乳房、けっこうな美女であった

 

念願の肉巻きおにぎりまでふるまわれ、

 

隠し味「肉みそ」もまた最高

 

「奥さん、持ち帰りしてもよろしいですか?(肉みそを)」と迫る山寺に、

 

「テイクアウトはしてまへん!

 

食べたいんやったらここで食べていかんと…(ウチを)」と勘違い

 

但馬牛から豊満な人妻まで、肉づくしの山寺であった……

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ13

 

不倫食堂2巻 エロとグルメのページ14

 

「第14話 うしろの美人」より

 

……「不倫食堂3巻」を読む

 

 

 

山口譲司 不倫食堂2巻 表紙カバー

 

 

→【 不倫食堂2巻/詳細!

 

 

おすすめエロい漫画|おとな漫画アーカイブ (2018年)

おとな漫画アーカイブ

 

 

PAGE TOP↑ | TOP PAGE