はだかの林檎 (漫画:山崎紗也夏)

 あらすじ&サンプル画像

 

 

沢村林檎、34歳、独身

 

部下の風間(27歳)とカラダの関係、この男と寝るのは3度目……

 

 

実は彼女、結婚を考えていた元カレとのセックスで、

 

騎乗位で乱れまくったらどん引きされた……というのがトラウマ

 

 

もう傷つきたくないから、最初からカラダだけと割りきって

 

最初から主導権をにぎって、自分が気持ち良くなるためだけに……

 

年下部下と三回目のセックス、いつもより気持ちいい

 

 

でも、男だってヤられっ放しではいられない

 

グイッと押したおして、バックからズップズップ

 

正常位に戻して、女が乱れるさまを見ながらアツく激しく……

 

 

久しぶりに男から抱かれる感覚に酔いしれた彼女

 

思わず「結婚して」とつぶやいて、あわててゴマ化して……

 

林檎ちゃん、彼とのセックスのあとに思わず、結婚して

 

「Case1 ワタシの玩具」より

 

 

 

部下・風間との4度目のラブホ

 

「結婚して」とつぶやいてしまったその返事がないのも気になるけれど、

 

それより今大事なのは「主導権」を奪うこと……

 

林檎ちゃんいわく、セックスとは主導権の奪い合いである

 

 

「どっちが先に乳首を舐めるか」にこだわる林檎さん

 

でも、結婚を口にした手前、がっついていると思われるのはイヤだし

 

受身でカワイ子ぶってると思われるのもイヤだし……

 

モンモンと悩んでいたら、男のほうから「林檎さん…乳首なめてもらえますか」

 

まるで彼女のココロの内を見透かしたかのように……

 

乳首舐めてください、と頼まれて素直に従う林檎ちゃん

 

「Case2 上下の分岐点」より

 

 

 

明日は彼(風間)といっしょに取引先で打ち合わせ

 

その後は直帰だから、事前にステキなビストロをチェックしておいて、

 

下着だって新調して、ウキウキわくわくの林檎さん……

 

 

ところが今朝

 

「昨日はごちそうさまでした!また誘ってくださいね、風間センパイ」

 

なんて言われて後輩女子と仲良くしている姿にムカっ……

 

彼が事務の子とイチャイチャする姿を隠れて見守る林檎ちゃん

 

 

ビストロすっ飛ばしてラブホへ直行

 

プンプンしながら「いいから舐めて」とつま先を差し出して

 

でも、ホントに舐められるとあふれる愛液が止まらずビチョビチョに……

 

怒り心頭の林檎ちゃん、彼のペニスを足でギュッとする

 

 

「もうわたしに主導権はない…」快楽におぼれる彼女にトドメの一言

 

「下着新しいですね 可愛いです」と……

 

「Case3 ベッドの主従」より

 

 

 

初めて任された大きな仕事で、発注数をひとケタ間違えてしまった風間

 

ばん回しようと必死で仕事にうち込むその姿に、

 

「どうすれば励ましてあげられる?」悩みに悩んだ林檎さん……

 

 

カラダで語りかけるべく「全部、吐き出して」と言葉にはぜず、

 

無言のままパンツを脱いで、彼の手を取りヌレたアソコへ……

 

林檎ちゃんいわく、5回以上カラダを重ねた相手とのセックスは気持ちいい

 

 

ところが、デスクの上で股を開いて挿入したその瞬間

 

ガタっと、廊下から物音が……

 

残業中のオフィスラブに快感がほどばしる林檎ちゃん

 

「Case4 背徳の囁き」より

 

 

 

大手取引先のヤリ手実業家(37歳)を接待する2人

 

高学歴・高収入・高身長、自信にみちあふれたイケメン社長から、

 

「林檎さん、また2人で食事でも行きましょう」と誘われニッコリ

 

内心では「苦手なタイプ」と舌を出しながら……

 

 

その帰り、彼(風間)を初めて自宅アパートにご案内

 

ところが、いつになく強引にセックスを迫られて

 

「女が男を家にあげたら、オンナはもうオトコのもの…ってことなの?」

 

怒りがメラメラ

 

「この男と寝るのは今日で最後にしよう」……

 

林檎ちゃん、彼の無理矢理なセックスに怒り心頭

 

 

なんて考えながらヤってたら、

 

いきなり「ごめんなさい…」とうなだれて、パッっとスーツを着て、

 

乱れた恰好のまま、部屋から駆け出していってしまった彼に呆然……

 

 

「どういうこと? …終わったの?」

 

「ううん…始まらなかったんだ」涙がポタリ……

 

アラサー女林檎ちゃん、いきなりの恋の終わりに涙がポロリ

 

「Case5 部屋と合い鍵と二人」より

 

 

 

 ココがおすすめ!

 

 

大人の男向けマンガ雑誌・漫画ゴラクで連載されていた作品

 

「はだかの林檎 (作者:山崎紗也夏)」

 

女性視点のひとり語りで女性向けっぽい作風。でも男が読んでも楽しめる。毎回、半分以上はベッドシーンのヌレ場ですから

 

 

最初はエロ目的で読んでいたけど、すぐキャラの面白さにひきこまれる

 

エロそっちのけ、林檎ちゃんに夢中になっちゃう

 

年下の部下相手に「セックスの主導権をにぎるんだ」なんて意気込んでみせるも、あっさり快楽に流されて形勢逆転

 

突っ張ってはなだめられ

 

マウント取ってみても気持ちでは押し負けて

 

コロリとなびいてしまう、可愛いすぎるアラサー女子

 

根が素直すぎるガンバり屋さん。こじりこじらせ、カラダだけにつっ走ってみたけれど、ココロを求められずにはいられない

 

 

もちろん、エロありきの作品で、エロなしでは語れない漫画

 

でも、キャラクターの面白さのほうが上回ると思うんだよネ

 

キャピキャピしたラブストーリーでは決して味わえない、大人な恋の物語

 

山崎紗也夏の「はだかの林檎」

 

2016年4月16日発売です!!

 

 

 

山崎紗也夏 はだかの林檎 表紙カバー

 

 

→【 はだかの林檎/詳細!

 

 

おすすめエロい漫画|おとな漫画アーカイブ (2018年)

おとな漫画アーカイブ

 

 

PAGE TOP↑ | TOP PAGE